コバシル服用とグレープフルーツ摂取と動脈硬化性疾患

コバシルはアンギオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)という分類に属する高血圧症治療薬です。このACE阻害薬は他にタナトリルが挙げられます。コバシルの有効成分ペリンドプリルは、アンギオテンシン変換酵素を阻害することによってアンギオテンシンの活性化反応を阻害し、レニンーアンギオテンシンーアルドステロン系の循環器調節機構を阻害します。これによって、体内循環血液量の減少、交感神経系興奮抑制による血管拡張を引き起こし、血圧が低下します。コバシルの利点としては、比較的副作用は少なく、他剤との薬物間相互作用も引き起こさないことです。つまり比較的安全面に優れている薬であると言えます。またアンギオテンシン受容体拮抗薬(ARB)と同様、臓器保護作用に優れています。また動脈硬化性疾患を予防する効果がカルシウム拮抗薬より高いことも利点です。一方、欠点はコバシルの副作用として空咳が起こりやすいことが挙げられます。
コバシルとグレープフルーツに関してですが、これは一緒に摂取しても構わない組み合わせです。アダラート、ノルバスクに代表されるカルシウム拮抗薬の場合には、その代謝酵素であるCYP3A4や体外への排出を担うP糖タンパクがこのグレープフルーツによって阻害されるため、カルシウム拮抗薬の血中濃度が上昇し、血圧降下作用が増強する恐れがあります。ですからカルシウム拮抗薬の場合にはグレープフルーツの摂取は控えましょう。
またコバシルは前述の通り、動脈硬化性疾患に効果のある薬です。それを詳細に説明すると、コバシルは毛細血管など末梢の比較的小さな血管に対しても効果を示し血管を拡張させます。これが動脈硬化性疾患の予防には重要なのです。